【手づくりワンごはん】愛犬と一緒に分けあえる!かぼちゃとニンジンのヘルシースコーン

↑工程は動画でもご覧いただけます!

 

愛犬にとって「食べる」ことは、特別なよろこび。

とはいえ、体重管理や健康を考えると一日に何度もおやつを与えることはできませんよね。

だからこそ限られたおやつ時間には、美味しくて体にいいものを与えたい。

今回ご紹介するおやつレシピは、砂糖不使用で添加物も一切なし!

カボチャとニンジンを使った、とってもヘルシーなスコーンです。

市販のおやつは、どうしても添加物が気になるもの。

素材にこだわって、自分の手でつくることで、おやつを与える際の罪悪感もなくなります。

さらに、スコーンは基本的に上下二つに割って食べるもの。

飼い主と愛犬で「はんぶんこ」なんて楽しみ方も、できちゃいます!

材料も工程もシンプル!

1回で2週間分(1日1個与えた場合)の愛犬用スコーンがつくれちゃいます。

ぜひ、おうちで試してみてくださいね!

レシピ提供は、今回も横浜でスコーン専門店『Ahhn Bakers』を営む

兒玉未保さんにお願いしました。

材料

1週間分(約14個、1日に1個を与えていくペース)

薄力粉:120g

ベーキングパウダー:小1

サラダ油:10g

ごま油:10g

ニンジン:正味30g(すりおろす)

カボチャ:正味50g(角切りにして蒸す、電子レンジでもOK)

豆乳:大1

※オーブンは170℃に予熱

つくり方

ボウルに薄力粉とベーキングパウダーを入れて、

フォークで混ぜます。

サラダ油、ごま油、豆乳を加えて、フォークでざっくりと混ぜ合わせます。

次に、ニンジンとかぼちゃも加えてまた混ぜ合わせます。

彩りが加わって、なんだかいい感じ。

生地がある程度まとまったら、

手で押すようにさらにまとめていきます。

次に、打ち粉をした台に生地を置いて、綿棒で長方形に伸ばして三つ折りにします。

そして生地を90°回転させて、

もう一度長方形に伸ばして三つ折りにします。

生地を1~1.5cmの厚さに伸ばして、型抜きをします。

今回使用した型は、富沢商店さんで購入したものです!

今回の分量だと、大体14個くらい型抜きできます。

もし豆乳が余っていたら、生地の表面に刷毛で塗っておくと焼き上がりの際にツヤが出ますよ!

予熱しておいた170℃のオーブンで、約18分焼いたら出来あがり!

今回ご紹介したヘルシースコーンは、愛犬と飼い主が一緒に楽しめるおやつ。

ということで、おやつ大好きな二人に早速食べてもらうことに。

どんな反応をしてくれるか、緊張です!

まずは愛犬から。

(あ、大きい方をあげたんだ偉い!)

匂いを嗅いでから…バクバクバク!

食べた!しかもすごい勢いで!

どうやら気に入ってくれたみたいです。

今度は食べるのを見守る番。

あれ?なんか口から出てますね。

いかがでしたでしょうか。

今回の分量だと、14個分くらいのクッキーが焼けるので、

1日1個のペースで与えたとしたら1週間分くらいのおやつが作れます。

 

ちなみに砂糖は使っていないので、

人間が食べる時はお好みでジャムやハチミツをつけるのがおすすめです。

※1歳未満のお子様にはハチミツを与えないように注意してください!

 

おいしいおやつを飼い主と愛犬で「はんぶんこ」。

そんな新しい楽しみが生まれるヘルシースコーン。

ぜひ、ご自宅でもお試しくださいね!

週二日だけ開く人気店、スコーン専門店『Ahhn Bakers』さんを紹介!

『Ahhn Bakers』さんは、横浜のたまプラーザの住宅街に

ひっそりと佇むスコーン専門店です。

 

お店を営む兒玉さんが二児のママさんということもあり、営業日は水曜日と金曜日の週二日。

それにも関わらず、オープン直後からお客さんがいっぱいになるほどの人気店なんです。

 

また、ご自身も愛犬家ということもあり、お店の作業が落ち着いた時に、

犬用のおやつも焼き上げるんだとか。

 

お近くに足をのばした際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

※現在は、コロナ対策としてイートインは行っていません。

レシピ監修:兒玉未保(Ahhn Bakers)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

再入荷お知らせ設定 商品が入荷次第、メールにてお知らせします。
メールアドレス 数量 こちらの登録は在庫の確保をお約束するものではありませんのでご了承ください。